中学受験と普段の勉強の違いと両立

私たちは4人家族で小学校4年生の息子がいます。わたしたち夫婦の望としては私立中学の受験をやってほしいと思っています。ですが、まだまだ遊びが優先されるので頭が痛いです。
年齢が上がっていくにつれて個別指導塾へ通う量も時間も増すでしょうから。子が頑張っていけるのか結構危惧しています。
本人も受験にはやりたくないわけではないみたいですが、現状は遊べる時間もたくさん考慮して与えてあるからのことが前提なので、
塾や家での勉強の時間が増えると私立の中学校の受験を嫌だと思ってしまうかもと不安です。加えて、友達と離れてしまうことで興味がなくなってしまうかもしれません。
ゲームが大好きで、時間も決めずに私が怒るまでします。あらかじめゲームをする時間は決めていたはずですがなかなかあまり私のいうことを守ることができません。
学習塾での課題勉強を終わらせてしまったらそれからの時間はテレビゲームをしてもいいことにしていますが、心をゲームにもっていかれてしまい勉強する集中力が保持できないので全然効果がないです。
いろいろな小説ももっといっぱい読んでほしいけれど、私たちの子がほしがる本はゲームの攻略本やコミックしかほとんど言いませんたくさんの種類を提案してみますが興味がないようです。
たくさんのジャンルを読むことで感情が豊かに発展するだろうし、語学力もつくと思うのでどうしたら関心をしめしてくれるか苦慮させられています。夏季休暇の宿題の読書感想文を完成させるのもいつも一苦労です。
小さいうちにもっと物語を読み聞かせていたらよかったと後悔しています。私の子のわずかちょっとでも面白いと思えるお話を選別してみて勧めようと考えてます
高学年に中学受験に近づくにつれて受験するための勉強も大詰めになっていくと思いますが、目標を持って受験勉強することを希望した中学に合格できるよう全力で持ちこたえてほしいです。
中学受験についてはこちら(⇒http://www.toutfoutofly.com/)を参考にしました。